教育・子育ての方法 【スポーツ編】

こんにちは!メヒ子です!

子供のスポーツ能力を開発する方法の情報をまとめます。

杉山芙沙子オフィシャルサイト
http://fusako-sugiyama.com/index.html

テニスの杉山 愛さんのお母様でいらっしゃる杉山芙沙子さんの理論です。

●スポーツは5歳までに始める

– 5歳までに脳神経や臓器などの8割が形成され、12歳でほぼ成人と同等に成長する。
(脳医学者・瀧靖之氏3歳〜5歳がベスト脳は後頭部から前へと順に発達する。0歳〜3歳までに視覚・聴覚が発達するので図鑑・絵本・音楽に触れると良く、3歳〜5歳に運動野が発達するので、楽器や運動に最適。)

– 色々なスポーツを楽しくやる
(例:ゴルフ石川遼さんは水泳・サッカー、ゴルフ宮里藍さんはバスケットボール・野球、テニス錦織圭さんは水泳・サッカー・野球、MLB大谷翔平さんはバドミントン・水泳、スケート高木美帆さんはサッカー)

(出典:FOOTxBRAIN)

プロアスリートを目指すことはとても良いことです。
しかしそれを子供が心から望んでいなければスポーツを楽しみながら行い、運動する習慣を身につけるという目的も良いのではないでしょうか。

人間は限界というものを自分で決めてしまっていることが多いです。
その限界を少し超える目標を立て、それを乗り越えることができれば自分に大きな自信となります。
頑張れば自分でも出来たという経験が今後の子供の人生に大きく役立つと思います。

そして食育も大切です。

エームサービス株式会社
https://www.aimservices.co.jp

この会社のような食育をサポートする会社もあります。
トレーニングと食事は同レベルで重要です。

正しい栄養の摂取方法を理論的に理解する必要があります。
現代の正しい栄養学の知識を身につけましょう。

正しい栄養摂取方法を知るだけで、人生の食の選択が変わります。
このような知識がないと平気でファーストフードや駄菓子を食す人生となりかねません。

病気になって気づいては遅いです。
スポーツのパフォーマンス向上はもちろんですが、健康でバイタリティあふれる人生を送るためにも
正しい栄養摂取方法を身につけたいものです。

プロサッカー選手の平均現役年数は平均して3年〜4年とのことです。

現役後も健康で過ごすためにも正しい栄養学は大切ですね。

おすすめのサービス

ジュニア フィジカル遺伝子(DNA)分析レポートサービス

愛知で子育てしませんか?サッカーと教育。文武両道・子育て計画