サブスク(サブスクリプション)とは

こんにちは!Tossiです!

最近よく耳にするサブスクというワード。

どうやらサブスクリプションの略語のようですね。

サブスクをサマリーしてみました。

【サマリー】サブスク

サブスクとはサブスクリプションの略であり、サブスクリプションとは、これまでの既存のサービスで一般的に提供されてきた期間、回数、種類を超えて利用できるようにした継続利用を前提とした定額制のサービスのことをいう(矢野経済研究所)。

サブスクとは、サブスクリプションの略で会員制の定額サービスを意味します。

サブスクって使い放題?といった初歩的な疑問から、サブスクリプション方式サービスの具体例、 サブスク版と通常版の違い、サブスクの基本やメリット・デメリットもありそう。

アメリカレコード協会によると、2018年上期の米レコード業界の売り上げの75%をサブスクが占めた。

【サマリー】サブスクリプション

定期的に利用料金が必要なソフトウェアやサービスの販売方式です.

利用者はモノを買い取るのではなく、 モノの利用権を借りて利用した期間に応じて料金を支払う方式。

コンピュータのソフトウェアの利用形態として採用されることも多い。

時代を牽引しているのが「サブスクリプション」と呼ばれるビジネスモデルです。

今回は大手企業の導入も増えつつあるサブスクリプションとはどんなビジネス .

大辞林 第三版 – サブスクリプションの用語解説 – 製品やサービスなどの一定期間の利用に対して、代金を支払う方式。

SpotifyやApple musicなどの定額音楽配信サービスが有名ですが、 徐々に広がりを見せています。

日本では『Spotify』や『Netflix』など音楽、動画配信の定額サービスが有名ですね。

マクロソフトのOffice365もサブスクリプション。

従来はソフトウェアやデジタルコンテンツが中心だったサブスクリプションも、自動車やファッションなどへ広がりを見せています。