シレーニ セラー・セレクション・スパークリング・ソーヴィニヨン・ブラン [ スパークリング 辛口 ニュージーランド 750ml ]

こんにちは!メヒ子です!

日本で一番売れている、ニュージーランドワイン、『シレーニ』

フルーティで女性でも、とても飲みやすいスパークリングワインです。

とても美味しいです。

【サマリー】ソーヴィニヨン・ブラン

ソーヴィニヨン・ブラン(仏:Sauvignon blanc)は、フランスのボルドー地方を原産地とする、緑色の果皮をもつブドウの品種である。

ソーヴィニヨン・ブランは世界中のワイン産地で栽培されており、多くは爽やかな辛口白ワインとなる。

ソーヴィニヨン・ブランで作られるワインの香りは、栽培される地域の気候によって、明確な草の香りから甘くトロピカルな香りまで幅がある。

ロワール地方やニュージーランドのソーヴィニヨン・ブランを表現する言葉として、”crisp, elegant, and fresh” といった形容詞が使われることがある。

やや冷やしたソーヴィニヨン・ブランには魚料理やチーズ(とりわけシェーブルチーズ)が良く合うとされる。

リースリングとともに、ソーヴィニヨン・ブランはスクリューキャップのボトルで商業展開された最初のワインである。

ソーヴィニヨン・ブランの起源を辿ると、フランス西部のロワール川流域およびボルドー地方にさかのぼることができる。

フィロキセラ禍以前に植えられていたソーヴィニヨン・ヴェールは苗木としてチリに持ち込まれ、現在でも栽培が続いている。

ロワール川流域で栽培されているソーヴィニヨン・ロゼは、名前は似ているもののソーヴィニヨン・ブランとの関係性は知られていない。

ソーヴィニヨン・ブランは芽吹くのは遅いが成熟は早い傾向にある。

高温に晒される地域では、ブドウが急速に過熟し香りの弱く酸味の単調なワインになってしまう。

ソーヴィニヨン・ブランの原産地はボルドーないしはロワール川流域であるが、カリフォルニア・オーストラリア・ニュージーランド・チリ・南アフリカにおいてもさかんに栽培されており、ワインの人気もシャルドネに代わって上昇している。

ボルドーの辛口白ワインでは、主にソーヴィニヨン・ブランとセミヨンがブレンドされて使われる。

伝統的にソーテルヌにおいてはセミヨンを植えた列のなかに1本だけソーヴィニヨン・ブランを植える、ということがなされる。

ローヌ北部では、ソーヴィニヨン・ブランはトレサリエとブレンドして使われることがあり、酸味の強いワインになる。

シャブリの外れに位置するサン=ブリという地域のAOCではソーヴィニヨン・ブランが使われ、注目が高まっている。

1990年代初頭から、ワイン学者はチリで栽培されていたソーヴィニノナスとソーヴィニヨン・ブランを区別し始めた。

1990年代、ニュージーランドの海洋性気候の地域(とりわけ南島)で産出されるソーヴィニヨン・ブランはワイン市場で人気となった。

土壌の差異だけでなく、生産者がいつ収穫を実施するかという決定もニュージーランド産ソーヴィニヨン・ブランの特性に影響を与える。

最初にカリフォルニアで作られたソーヴィニヨン・ブランは、1968年のロバート・モンダヴィによるものであるが、彼はブドウ農家から非常に良いソーヴィニヨン・ブランを買い受けることができた。

ニュージーランド産のワインに影響を受けたスタイルでは、控え目なトロピカルフルーツの香りとともに、柑橘類やパッションフルーツのような香りが感じられる。

ソーヴィニヨン・ブランから成るワインは、醸造の仕方にもおおいに影響される。

【キーワードサマリー】ソーヴィニヨン・ブラン

生産者
ニュージーランド産
甘口ワイン
ロワール川
サンセール
海洋性
青い香り
ワシントン州
パッションフルーツ
多い土壌

【関連通販キーワード】ソーヴィニヨン

ソーヴィニヨンクラウデイベイ