ニホンライチョウ (Lagopus muta japonica)、燕岳にて 今日の一枚

こんにちは!Surfです! ウィキペディア2019年9月8日の今日の1枚です。 (出典:ウィキペディア) 【サマリー】ライチョウ ライチョウ(雷鳥、Lagopus muta)は、キジ目キジ科ライチョウ属に分類される鳥類。 英語圏では、冬に白い羽となるライチョウ属の種をPtarmigan、羽の色を変化させない種はGrouseと呼び区別される。 ライチョウ科の鳥は世界に6属17種が生息し(但し分類には諸説ある)、ライチョウの仲間では最も寒冷な気候に適応した種である。 ユーラシア大陸と北アメリカの北極海沿岸、ヨーロッパとアジアの一部の高山帯に広く分布する。 日本には亜種ライチョウが本州中部地方の高山帯(頸城山塊、飛騨山脈、御嶽山、赤石山脈)のみに生息する。 江戸時代以前の文献では蓼科山、八ヶ岳、白山にライチョウが生息していたと記録されているが、現在は生息していない。 このライチョウは石川県立大学によるDNAの解析などで飛騨山脈方面から飛来したものと推定されている。 本来ライチョウの繁殖活動が確認されていない八ヶ岳東天狗岳、飯縄山や戸隠連峰高妻山で、1960年代以降数回にわたり登山者により写真撮影されたり、糞が確認されたことがある。 ライチョウが日本にやって来たのはおよそ2万年前の氷河期で、樺太、カムチャッカ半島を経由し本州中央部の高山帯に定住したが、氷河期が終わり温暖になったことで大半のライチョウは寒い北へ戻ったが、ごく一部が日本の高山に残った。 天敵の猛禽類や動物に捕食される以外に、山小屋などから排出されるゴミに混じる病原体やヒトが持ち込むサルモネラ菌やニワトリなどの感染症であるニューカッスル病、ロイコチトゾーン感染により国内のライチョウが減少することが懸念されている。 また、登山者の増加に伴い登山道周辺のハイマツ帯が踏み荒らされ劣勢となり次第に減少しており、それに伴いライチョウの生息数も減少している。 孵化後はオスの縄張り活動はなくなり、単独またはオスだけの群れを形成する。 メスは淡黄灰色の暗褐色の大小の斑点がある25g程度の卵を5個から10個程度産み、抱卵を行う。 寒さが得意なライチョウは逆に夏の暑さが苦手で気温が26度以上になると呼吸が激しくなり、体調を崩したという報告もある。 日本ではライチョウの分布とハイマツの分布には正の相関関係があるが、世界の別な地域に生息するライチョウ科にはこのような特徴はみられない。 ヨーロッパと日本の亜種は定住性であるが、北方の亜種は広範囲の移動を行う。 ヨーロッパや北アメリカでライチョウ類は重要な狩猟対象の鳥として古くから利用されていて、信仰の対象として崇められていた日本とは対照的である。 江戸時代には立山、白山、御嶽山にライチョウが生息していることが、登拝者により広く知られていて、江戸時代後期に牧野貞幹が『野鳥写生図』でライチョウのオスとメスを写生し「鶆鳥」と表記し、毛利梅園が『毛利禽譜』で白山のライチョウのオスと雛を写生し「雷鳥」と表記している。 日本のライチョウに学名Lagopus muta japonicaが付けられたのは、1907年(明治40年)である。 日本のライチョウは江戸時代までは信仰の対象として保護されていたが、明治時代に一時乱獲され、以後の以下年表の法律で保護され現在に至っている。 1980年代に行われた縄張りの垂直分布調査から、「年平均気温が3℃上昇した場合、日本のライチョウは絶滅する可能性が高い」ことが指摘されている。 日本のライチョウがトキやコウノトリのように絶滅することが危惧されていて、以下年表の飼育研究活動が行われている。 富山市ファミリーパークでは、募金によりライチョウの飼育・繁殖技術の確立と野生復帰を目指す「ライチョウ基金」を設立している。 ライチョウ属などの研究に関する国際的なシンポジウムがほぼ3年ごとに開催されている。 (出典:ウィキペディア) 【キーワードサマリー】ライチョウ 生息数 高山帯 江戸時代 富山県 生息地 登山者 ライチョウ属 猛禽類 頸城山塊 繁殖期 【サマリー】燕岳 日本二百名山及び新日本百名山に選定されている。 常念山脈に属し、北アルプス三大急登の一つである合戦尾根を登り切った稜線上にある。 中房温泉が登山口であり、大天井岳を経て槍ヶ岳へ向かう表銀座コースの始点でもある。 合戦尾根は急登ではあるが、表銀座コースであるためアルプスの入門コースとして多くの登山者が歩き、よく整備された登山道となっている。 (出典:ウィキペディア) 【キーワードサマリー】燕岳 登山道 合戦尾根 稜線上 特別地区 登山者 テレビ nhk 教育 飛騨山脈 唐松岳 【通販キーワード】ライチョウ ライチョウカプセル ライチョウ剥製