北海道サッカーリーグ 2019チーム一覧

こんにちは!Tossiです! 北海道サッカーリーグ 2019チーム一覧です。 北海道十勝スカイアース 札幌蹴球団 ノルブリッツ北海道FC 日本製鉄室蘭 日本通運FC トヨタ自動車北海道 岩見沢FC北蹴会 R・シュペルブ釧路 【サマリー】北海道サッカーリーグ 北海道サッカーリーグ(ほっかいどうサッカーリーグ)は、日本の北海道に所在する第1種登録のクラブチームが参加するサッカーリーグである。 北海道サッカーリーグの下に5つのブロックリーグが設けられており、その下に地区単位のリーグが設けられている。 日本サッカーのリーグ構成において北海道サッカーリーグそのものは4部、その下の5地区に分かれたブロックリーグは5部以下(J3とJFLをそれぞれ3・4部と当てはめた場合はそれぞれ5・6部以下)に相当する。 北海道においてはブロックリーグが、他の都府県に存在する都道府県リーグに相当するリーグとなる。 まず、北海道サッカーリーグの下部リーグであるブロックリーグは、札幌ブロックリーグ・道央ブロックリーグ・道南ブロックリーグ・道東ブロックリーグ・道北ブロックリーグの5つに分かれて行われ(札幌ブロックリーグは2012年新設)、それぞれのブロックで優勝したチームがブロックリーグ決勝大会を行う。 (出典:ウィキペディア) 【キーワードサマリー】 ブロックリーグ 全国地域サッカーチャンピオンズリーグ 日本サッカー 優勝チーム 北海道 地区 単位 参加 ブロックリーグ決勝大会 ブロック

JFL(日本フットボールリーグ)2019チーム一覧

こんにちは!Tossiです! JFL(日本フットボールリーグ)2019チーム一覧です。 HondaFC FC今治 ソニー仙台FC ホンダロックSC 東京武蔵野シティFC テゲバジャーロ宮崎 ヴィアティン三重 ヴェルスパ大分 MIOびわこ滋賀 FC大阪 FCマルヤス岡崎 奈良クラブ ラインメール青森 鈴鹿アンリミテッド 流経大ドラゴンズ龍ケ崎 松江シティFC 【サマリー】JFL(日本フットボールリーグ) 日本フットボールリーグ(にほんフットボールリーグ)は、日本のサッカーリーグである。 公益財団法人日本サッカー協会と一般社団法人日本フットボールリーグが主催・運営する。 英語名称は1998年までJリーグと地域リーグの間のカテゴリに位置していたジャパンフットボールリーグと同じ"Japan Football League" 、略称もそのまま継承してJFLを使用している。 なお当記事では、日本フットボールリーグを「JFL」、ジャパンフットボールリーグを「旧JFL」と略記する。 日本サッカーのリーグ構成の最上位カテゴリである日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)とJFLとの関係については、Jリーグが同リーグの3部に当たるJ3リーグ発足時の2013年12月の公表資料において、JリーグとJリーグ以外のアマチュアリーグは別のヒエラルキー構造とした上で、J3リーグをJFLと同格と位置づけている。 一方で、2015年4月に改定されたJリーグの公表資料「Jリーグ入会(J3リーグ参加)の手引き【新たに入会を目指すクラブ向け】 (PDF) 」では「JFLからJ3へは最大2クラブが昇格します」「J3での順位が悪かったとしてもJFLに降格することはありません」と、JFLがJ3より下位のリーグであるかのような表現も用いられている。 第7回ジャパンフットボールリーグに参加したチームのうちJ2に参加しなかった7チームおよび前年10月に日本サッカー協会によって参加が承認された横河電機の計8チームで日本フットボールリーグ(JFL)は発足した。 J2の下に設けられたJ3リーグ発足の動きに付随して、J3発足前の3部リーグであるJFLについて、J3参加クラブの数の動向にもよるが、2013年度の18クラブから6つ程度減らし、2014年度は12クラブ前後ないしは14クラブで行う方針であると報道されていた(JFL側から明白に縮小を伝えたわけではなく、JFL側はあくまで、J3創設によりJFL運営上、編成が必要になった場合、クラブ数の増減も起こりうると発言している)。 なお、JFLの参加クラブ数の確保の観点から、2013年度の成績下位のクラブに対する地域リーグへの降格は行わず、第37回全国地域サッカーリーグ決勝大会の上位3クラブを自動昇格し、残り9クラブについてはJFLのチーム数が足りない場合に4位以下から補充するという報道もある。 その後、JFLからJ2・J3への参入により10チーム減ることが確定し(J3リーグ#審査結果を参照)、JFLへの新規加入は6チームとなった。 第15回日本フットボールリーグ#地域リーグとの入れ替えを参照。 年間順位は上位2チームは決勝戦の結果により決定、3位以下(1位が同一チームである場合は全チーム)については、年間を通した2回総当たりの総合成績により決める。 また、全国地域サッカーリーグ決勝大会についても、2009年までは大学生チームの参加希望があった場合、全国大学サッカー連盟の推薦が得られれば推薦枠として出場することが可能であったが、2010年の規約改正により推薦出場は不可能となった。 特に2013年はJ3リーグ発足に伴い複数のクラブがJ3に参入したことから、自動降格を行わなかったほか、成績要件以外でも地域リーグ所属のJFL参入希望クラブを審査の上4クラブの参入を認めた(第15回日本フットボールリーグ#地域リーグとの入れ替えを参照)。 なお上記の通り、当面はJ3リーグからJFLへの降格は、J3ライセンス未交付によりJリーグを除名・退会せざるを得ない場合を除き基本的には行われないが、2017年1月の信濃毎日新聞との記者会見に応じたJリーグチェアマン(取材当時)の村井満は、将来的なJ3の成績によるJFL降格の制度を採り入れる可能性を示唆しており、2017年6月に行われたJリーグ理事会でも、J3リーグのあり方(全国リーグの維持等)に関連してJ3からJFLへの降格(入れ替え)制度の導入を含めて議論が行われている。 (出典:ウィキペディア) 【キーワードサマリー】JFL(日本フットボールリーグ) FC町田ゼルビアホームゲーム レノファ山口FCホームゲーム JUPITER 東京武蔵野シティfc 試合会場 mioびわこ滋賀 fc今治 fc大阪 fcマルヤス岡崎 テゲバジャーロ宮崎 ヴェルスパ大分 鈴鹿アンリミテッド 奈良クラブ 地域リーグ 大学チーム リーグ戦 クラブ数 参加クラブ 自動降格 勝ち点 クラブライセンス クラブ合併 昇降格

サッカーJリーグ 2019 J1 J2 J3チーム一覧

こんにちは!Tossiです! Jリーグ 2019 J1 J2 J3チーム一覧です。 J1 北海道コンサドーレ札幌 J1 2019 ベガルタ仙台 J1 2019 鹿島アントラーズ J1 2019 浦和レッズ J1 2019 FC東京 J1 2019 川崎フロンターレ J1 2019 横浜F・マリノス J1 2019 湘南ベルマーレ J1 2019 松本山雅FC J1 2019 清水エスパルス J1 2019 ジュビロ磐田 J1 2019 名古屋グランパス J1 2019 ガンバ大阪 J1 2019 セレッソ大阪 J1 2019 ヴィッセル神戸 J1 2019 サンフレッチェ広島 J1 2019 サガン鳥栖 J1 2019 大分トリニータ J1 2019 J2 モンテディオ山形 J2 2019 水戸ホーリーホック J2 2019 栃木SC J2 2019 大宮アルディージャ J2 2019 ジェフユナイテッド千葉 J2 2019 柏レイソル J2 2019 東京ヴェルディ J2 2019 FC町田ゼルビア J2 2019 横浜FC J2 2019 ヴァンフォーレ甲府 J2 2019 アルビレックス新潟 J2 2019 ツエーゲン金沢 J2 2019 FC岐阜 J2 2019 京都サンガF.C. J2 2019 ファジアーノ岡山 J2 2019 レノファ山口FC J2 2019 徳島ヴォルティス J2 2019 愛媛FC J2 2019 アビスパ福岡 J2 2019 V・ファーレン長崎 J2 2019 鹿児島ユナイテッドFC J2 2019 FC琉球 J2 2019 J3 ヴァンラーレ八戸 J3 2019 いわてグルージャ盛岡 J3 2019 ブラウブリッツ秋田 J3 2019 福島ユナイテッドFC J3 2019 ザスパクサツ群馬 J3 2019 Y.S.C.C.横浜 J3